このページは、風俗営業法が定める風俗営業内容による分類について説明しています。

営業所がどの分類に属するのかは、名称等にかかわらず実際の営業内容によって決まります。

風俗営業の種類

第一号営業

料理店・社交飲食店

キャバレー・待合・料理店・カフェーその他設備を設けて客を接待し客に遊興または飲食をさせる営業。

店舗の例  キャバクラ・ホストクラブ・料亭

第1号営業の詳細はこちら

第二号営業

低照度飲食店

喫茶店・バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、国家公安委員会規則で定めるところにより計った営業所内の照度を10ルクス以下として営むもので、第1号営業に該当しないもの。

店舗の例  カップル喫茶

第2号営業の詳細はこちら

第三号営業

区画席飲食店

喫茶店・バーその他設備を設けて客に飲食をさせる営業で、他から見通すことが困難であり、かつ、その広さが5平方メートル以下である客席を設けて営むもの。

店舗の例  連れ込み喫茶

第3号営業の詳細はこちら

第四号営業

麻雀店・パチンコ店

まあじゃん屋・ぱちんこ屋その他設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある遊技をさせる営業。

店舗の例  麻雀店・パチンコ店

第4号営業の詳細はこちら

第五号営業

ゲームセンター

スロットマシン・テレビゲーム機その他の遊技設備で、本来の用途以外の用途として射幸心をそそるおそれのある遊技に用いることができるもの(国家公安委員会規則で定めるものに限る。)を備える店舗その他これに類する区画された施設(旅館業その他の営業の用に供し、またはこれに随伴する施設で政令で定めるものを除く。)において当該遊技設備により客に遊技をさせる営業で、第4号営業に該当しないもの。

店舗の例  ゲームセンター

第5営業の詳細はこちら

特定遊興飲食店営業

ナイトクラブその他設備を設けて客に遊興をさせ、かつ、客に飲食をさせる営業(客に酒類を提供して営むものに限る。)で、午前六時後翌日の午前零時前の時間においてのみ営むもの以外のもの(風俗営業に該当するものを除く。)をいう。

店舗の例  クラブ・ディスコ・ライブハウス

特定遊興飲食店営業の詳細はこちら

深夜における種類提供飲食店営業

午前0時から午前6時までの深夜において、設備を設け客に飲食をさせる営業で、社会通念上食事と認められるものを提供し営業するものを除く。

店舗の例  バー・スナック・ガールズバー

深夜における種類提供飲食店営業の詳細はこちら

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ