このページは、風俗営業を営むため必要となる許可について説明しています。

一般的に「風俗営業」といえば、性風俗のお店を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

しかし、性風俗営業は「性風俗特殊営業」と分類されるもので、風俗営業とは全く別のものです。

どのようなものが風俗営業に該当するかというと、料亭などの料理店・キャバクラやホストクラブなどの社交飲食店・麻雀店・パチンコ店・ゲームセンターなどです。

風俗営業の許可

風俗営業を営む際、営業内容に応じた許可を受けるよう定められています。

風俗営業を営もうとする者は、風俗営業の種別に応じて、営業所ごとに、その営業所の所在地を管轄する都道府県公安委員会の許可を受けなければならない。(風営法第三条)

風俗営業の許可について、以下に示す手続きが必要となります。

  • 風俗営業の許可申請(営業許可を取得するため事前に行うもの)
  • 風俗営業の届出(営業している事実時ついて事後的に通知するもの)

お客さま自身で風俗営業許可の取得を考えている場合、申請・届出のどちらに該当するのかについて事前に調べる必要があります。

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ